札幌市中央区の皮膚科、桑園オリーブ皮膚科クリニック 札幌市中央区北11条西15丁目2-1 サンエーアインビル3F

  1. 診療案内
  2. イオン導入
診療案内

イオン導入

イオン導入は、微弱な電流をあてて表皮層のバリアを弱め、肌の奥深く(真皮層)まで薬剤を浸透させる美容方法です。
ほとんど痛みも無く、サプリメントなどと比べ直接皮膚へ浸透させるため、効果が実感しやすい治療です。保湿効果を高め、紫外線や活性酸素から肌を守ることができます。
高濃度ビタミンC誘導体とトラネキサム酸のイオン導入は即効性があり、にきびや色素沈着、毛穴の開きなど様々な肌トラブルに効果的です。

こんな方にオススメ

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンを増やし、シミ、しわ、ニキビ、毛穴の開きや敏感肌を改善します。
また、血管や骨を丈夫にする効果もあります。メラニンができるのを防いで色素を還元する(黒い色を薄くする)働きもあるので、シミやニキビ跡の色素沈着に効果的です。

トラネキサム酸

メラニンができるのを抑えるトラネキサム酸は、シミの一種である肝斑(かんぱん)治療に最適です。肝斑はホルモンバランスの崩れなどが原因でメラノサイト活性因子から作られますが、トラネキサム酸はメラノサイト活性因子の働きを抑える効果を持っています。赤みや腫れを引かせる消炎効果もあるため、肌荒れにも効果的です。
トラネキサム酸は肝斑の第一選択薬として知られ、内服治療が頻繁に行われていますが、時間がかかりすぎてしまう点が問題でした。
近年、トラネキサム酸をイオン導入するための薬品が開発されお肌の奥まで大量にトラネキサム酸を送り込むことができるようになりました。
この方法を使うと、肝斑の治療期間を大幅に短縮できる新しい画期的な方法となっております。
肝斑以外にも炎症後色素沈着などのシミやくすみにも効果があります。
トラネキサム酸の抗炎症作用もありますので、荒れやすい肌にも効果が見られます。

ページトップへ ページトップへ