札幌市中央区の皮膚科、桑園オリーブ皮膚科クリニック 札幌市中央区北11条西15丁目2-1 サンエーアインビル3F 札幌市の皮膚科・美容皮膚科【桑園オリーブ皮膚科クリニック】 札幌市中央区北11条西15丁目2-1 サンエーアインビル3F

Web予約システム
  1. 診療案内
  2. 粉瘤
診療案内

粉瘤

粉瘤の日帰り手術は実績豊富な当院まで

粉瘤とは

粉瘤の症例

皮膚の下に袋状の嚢腫ができ、その中に垢(ケラチン)などがたまってしまうものです。よく脂肪の塊と思われている場合がありますが、実際は垢がたまっています。袋の中には垢がどんどんたまっていきますので徐々に大きくなってきます。化膿してしまうと痛みを伴なうこともありますし、破裂してしまうこともあるので、注意が必要です。

できる場所は

粉瘤はどこにでもできます。
顔や背中はもちろん、頭の中や足の裏にできることすらあります。

当院の治療法

粉瘤の治療 局所麻酔を行った後、粉瘤部分を傷跡が凸凹しないように、ラグビーボール状に切開し、中の袋を取り除いたのち縫合致します。
手術時間は癒着していなければ概ね20分以内に終了します。

化膿したら

粉瘤は軽症の場合、抗生物質を内服してコントロールできますが、症状が進行していると切開して、中味(垢)を圧出する必要があります。
この場合、粉瘤の袋をできるだけ除去しますが、残ることがありますので、再発するリスクがあります。

手術後の注意点

下記のような日常生活への制限があります。

●手術当日
・感染防止の為、手術した部分は洗わないでください。
●手術翌日
・患部はシャワー浴のみでお願い致します。
・シャワー後はご自身でガーゼとテープで保護していただく必要があります。
・2日間は飲酒や激しい運動はお避けください。

10日後に抜糸致しますので、再度ご来院ください。

料金

手術料金(保険適応) 8,000〜15,000円 程度
※3割負担の場合

よくある質問

Q:手術は大変ですか?
A:局所麻酔を行うので術中の痛みはほとんどなく、術後も多くの方は普段通り通勤・通学いただくことが可能です。

Q:粉瘤の手術をしても再発してしまうことはありますか?
A:原則ありませんが、袋を取り残すと再度中に垢がたまり再発してしまいます。そのため当院では切開を行い取り切るようにしています。

お申込み・お問合せ

ご希望の方は時間内にお越しいただき、ご来院ください。
新規の患者様も診察の予約が可能です。 WEB予約

ページトップへ ページトップへ