札幌市中央区の皮膚科、桑園オリーブ皮膚科クリニック 札幌市中央区北11条西15丁目2-1 サンエーアインビル3F

  1. 診療案内
  2. 粉瘤
診療案内

粉瘤

粉瘤とは

粉瘤の症例

皮膚の下に袋状の嚢腫ができ、その中に垢(ケラチン)などがたまってしまうものです。よく脂肪の塊と思われている場合がありますが、実際は垢がたまっています。袋の中には垢がどんどんたまっていきますので徐々に大きくなってきます。化膿してしまうと痛みを伴なうこともありますし、破裂してしまうこともあるので、注意が必要です。

できる場所は

粉瘤はどこにでもできます。
顔や背中はもちろん、頭の中や足の裏にできることすらあります。

化膿したら

粉瘤は軽症の場合、抗生物質を内服してコントロールできますが、症状が進行していると切開して、中味(垢)を圧出する必要があります。
この場合、粉瘤の袋をできるだけ除去しますが、残ることがありますので、再発するリスクがあります。

再発しないようにするには

炎症がないときに、粉瘤の袋ごと切除することが望ましいです。皮膚の表面を切開し、袋を取り出し、皮膚を縫い合わせます。
1週間後頃に抜糸します。
いずれも保険適応の治療になります。

料金

手術料金(保険適応) 8,000〜15,000円 程度
※3割負担の場合
ページトップへ ページトップへ